CONCERT

【オリジナルレポート】5/21(土) 2022 BAE173 FANMEETING IN JAPAN ‘HAJIMETE’ ファンミーティングレポート『今、僕の気持ちはドキドキワクワクしています。皆さんもそうですよね。』

Photo:JS Media

5月20日(金)、21日(土)に東京・ニッショーホールで開催された、BAE173の日本初ファンミーティング「2022 BAE173 FANMEETING IN JAPAN ‘HAJIMETE’ 」。

今回ChoeChoeでは、21日(土)1部のファンミーティングをレポートをします。

2020年11月19日に韓国でデビューした9人組ボーイズグループ「BAE173」。グループ名は、「Before Anyone Else」の頭文字「BAE」と、完璧を意味する数字の「1」、そして幸運の数字「73」から来ています。
メンバーはX1出身の実力派メンバー イ・ハンギョルとナム・ドヒョン、そしてジェイミン、ユジュン、ジュンソ、ムジン、ヨンソ、ビッ、ドハの9人で構成されています。

『JAWS』活動時の衣装で登場したBAE173。
数名のメンバーはシャツの丈が短く、ちらりと見える腹筋に客席のエルス(BAE173のファン名)たちはドキドキ。

オープニング曲を飾ったのは2020年11月にリリースされたデビュー曲『Crush on U』。フレッシュな魅力あふれる曲で、ファンミーティングのタイトル’HAJIMETE’ の来日にピッタリな雰囲気です。

続いて今年3月に発売されたタイトル曲『JAWS』。中毒性溢れるメロディーと強烈なラップ、パワフルなパフォーマンスで1曲目とは違う魅力を披露しました。

トークコーナーがスタートし、左側からビッ、ユジュン、ジェイミン、ドハ、ドヒョン、ハンギョル、ムジン、ジュンソ、ヨンソの順に自己紹介。
「日本でファンミーティングができてとても幸せです。今日僕たちと一緒に忘れられない良い思い出をたくさん作りましょう。」(ビッ)、「今、僕の気持ちはドキドキワクワクしています。皆さんもそうですよね。」(ユジュン)

・いくつかの質問BOXコーナーに挑戦「選ばれるとはまさか思わなかった。」

Photo:JS Media

メンバーたちは椅子に座り、質問BOXコーナーがスタート。
二つのボックスが置かれていて、MCが一つのBOXからメンバーの名前を引き、選ばれたメンバーがもう一つのBOXから質問を引き、その答えに該当すると思うメンバーの後ろに行き、その質問が一体何なのかを当てるゲームです。

Photo:JS Media

1問目はヨンソがジェイミンの後ろに行き、「第一印象が一番怖かったメンバー」と自分で答えを言ってしまう天然ぶりを発揮。
「怖かったというよりは、ちょっと近づきにくいと思いました。若干小心者な感じで言葉数も少なかったので。」(ヨンソ)
「僕は最初から親近感を持って接してあげたのに。最近は通り過ぎれば俺のお尻もたたくし、もう友達のようですしね。選ばれるとはまさか思わなかった。」(ジェイミン)

Photo:JS Media

2問目はムジンが1人1人の顔を確認してハンギョルの後ろへ行くと、ドヒョンが「一番かっこいいビジュアルメンバー」と正解しました。
ハンギョルに選ばれた感想を聞くと、「恥ずかしいですけど、気分よく受け入れます。」

3問目、ドハはムジンを選びました。
「この中で面白い人?」(ハンギョル)、ムジンが「一番仲がいいメンバー?」と言うとMCが惜しい!と反応。「ギャグセンスが一番合うメンバー」とドヒョンがまたも正解を当て、質問を見たのでは?と疑われる一幕も。
ムジンを選んだ理由については、「一緒にいるといつも楽しくて笑ってます。」(ドハ)

Photo:JS Media

4番目はハンギョルがドヒョンを選びました。
「家にいるのが好きなメンバー?」(ムジン)、「ホテルから出ないメンバー?」(ビッ)、「一緒に出かけたいメンバー?」(ヨンソ)と、ドヒョンはかなりインドア派の様子。
ユジュンが「日本の美味しいお店に一緒に行きたいメンバー」と正解しました。
選んだ理由についてハンギョルは、「(日本に来て)他のメンバーと一緒に美味しいお店に行ったことがあるんですけど、ドヒョンは1回も外に外出してないので選びました。」
選ばれたドヒョンは「日本に来てからお弁当とコンビニの物しか食べてないので、ご飯が美味しいお店に行ってみたいと思います。」とコメントしました。

Photo:JS Media

5番目はビッが、ドヒョンと悩みながらもドハを選びました。
「愛嬌があるメンバー?」と、ドヒョンがほぼ正解しました。「僕より微笑みがもっと美しいきれいなメンバーは?」というお題だったので、ドハがエルスたちに微笑むと、大きな拍手が起こりました。

最後はユジュンが登場。箱に入った最後の一枚を引くと、ドヒョンを選びました。
「ファッションセンス?」「子供っぽいメンバー?」と回答するなかムジンが「妹に紹介したい男性?」とほぼ正解し、お題は「私が女性だったらの理想のタイプだと思うメンバー」でした。
「かわいい人が理想のタイプです。メンバー内で一番(ドヒョンが)かわいいかなと思って。じっとしていても、全部かわいいんだけど、寝ている時が一番かわいいですね。」とドヒョンへの愛情があふれていました。

ユジュンが「日本初のファンミーティングなので、セクシー、キューティー、ハンサムを用意しました。また後ほど」とコメントし、メンバー全部は一旦バックステージへ。

再び登場したBAE173は、昨年4月に韓国で発売された2ndミニアルバムのタイトル曲『Loved You』(愛した)の日本語バージョンを披露。続けてバラード曲『Every little thing is you 』(すべて君だよ)を披露し、会場全体を魅了しました。

・3つのチームに分かれゲームに挑戦!罰ゲームは愛嬌を!?

歌唱が終わると再びゲームコーナーが始まり、メンバーが3つのチームに分かれ、それぞれチーム名を決めました。
日本語の「いただきます」をとって『いただーチーム』( ビッ、ユジュン、ドヒョン)、「めっちゃすごいめっちゃすごい」を略した『メスメスチーム』( ジェイミン、ジュンソ、ハンギョル)、慶尚道(キョンサンドウ)出身の3人で構成された『キョンサンドウが最高だチーム』(ムジン、ドハ、ヨンソ)の3チームに分かれました。

Photo:JS Media

まずは「愛のテレパシーゲーム」に挑戦。
出されたお題からポーズを連想し、メンバー全員が同じポーズをすれば正解というゲームです。

最初に『いただーチーム』がゲームに挑戦。
お題「JAWS」はユジュンだけ失敗しましたが、「ハート」は3人とも頭の上にハートを作り成功しました。

2番目は『メスメスチーム』の挑戦しました。
お題「サランヘッタ」は3人同じで成功し、「ブイ」はジェイミンだけギャルピースをして失敗。

3番目は『キョンサンドウが最高だチーム』が挑戦。
「パンハゲッソ」では3人とも同じポーズで成功、「ウィンク」も3人とも同じ方向にウィンクして成功。2問正解したので『キョンサンドウが最高だチーム』が優勝しました。

続いて「TOUCH MY BODYゲーム」へ。
1チームの3人が横一列に並び、真ん中の人だけはスケッチブックに書かれているテーマを見ることができ、両サイドにいるメンバーはアイマスクをして、ポーズをしている真ん中のメンバーを10秒触り、3人が同じポーズをしたら成功という流れで、1チーム5問連続でゲームをしました。

ジャンケンで順番を決め、3つあるスケッチブックから1つを選びゲームがスタート。
MCから指名されたハンギョルは、スケッチボードを見せる係になり、会場を盛り上げました。

最初に『いただーチーム』が難易度3のゲームに挑戦。
ヨガポーズなどをするビッのポーズをユジュンとドヒョン が触るも、いつもユジュンがちょっと違ったポーズをしてしまい、完璧に揃ったのは1問のみ。

2番目は『キョンサンドウが最高だチーム』が難易度7に挑戦。ムジンのポーズをドハとヨンソが触り3問正解しました。

Photo:JS Media

3番目は『メスメスチーム』が難易度10に挑戦。
ハンギョルのポーズをジェイミンとジュンソが触り、2問正解しました。

罰ゲームは1問正解の『いただーチーム』に決定し、韓国でも人気の「さくらんぼチャレンジ」(「さくらんぼ」の歌に合わせて愛嬌する)を3人同時に行いました。
照れながらもかわいい愛嬌を見せ、会場は拍手で大盛り上がり。

今日の感想を尋ねると、「TOUCH MY BODYゲームが楽しかった。音楽活動が終わってちょっと寂しかったんですけども、今回の日本のファンミーティングで、日本の皆さんにお目にかかれて本当に嬉しく幸せです。」(ドヒョン)、

ムジンは、「今日初めてお目にかけるファンの方もいらっしゃいますし、(昨日来てくださって)2回目の方もいらっしゃいます。今日も忘れられない思い出を作ってくださりありがとうございます」と客席を見渡しながら感想を伝えました。

Photo:JS Media

今後の活動計画などについて質問すると、ハンギョルは「韓国に帰ってから活動をいろいろ計画しますので、どうぞ皆さん期待して待っていてくださいね。」とコメントすると、客席からは拍手が起こりました。

その後、『Not Alone』(ひとりじゃない)のパフォーマンスを披露すると、会場全体がペンライトの光で一体となり、日本公演は終盤を迎えました。

Photo:JS Media

・「たくさん皆さんに会える時間を作っていきたい」『JAWS』の日本語バージョンを披露し、今後の活動に期待!

アンコールで再び登場し、今回のファンミーティングTシャツを着て登場したメンバー。『JAWS』の日本語バージョンを披露しました。

ハンギョルが日本語で「エルス、めっちゃきれいですね。めっちゃかわいいですね。」と言うと、客席は皆笑顔に。
ビッ「今日はファンミーティングに来ていただき、本当にありがとうございます。とても幸せですし、エルスも幸せな時間だったと思います。これからたくさんの思い出を一緒に作っていきましょう。」
ドハ「これからも一生懸命頑張って、たくさんたくさん皆さんに会える時間を作っていきたいと思います。」とメンバーそれぞれがコメントしました。

挨拶を終えるとジュンソが、舞台の前に少しウォーキングできるスペースがあるところまで行っても良いかスタッフに聞き許可を貰うと、メンバーそれぞれウォーキングをしてエルスとの別れを惜しみました。

今回’HAJIMETE’ の来日を大成功におさめたBAE173。終始元気いっぱいでパワフルな姿が印象的でした。

今後の更なる活躍に期待です!

Text : LALA